シサム工房 : フェアトレードと手仕事のお店(京都/大阪/神戸/東京)


  
  

Lombok Pottery Centre|インドネシア フェアトレードNGO

フェアトレードNGO
「Lombok Pottery Centre/LPC」 インドネシア

1988年に、インドネシア・ロンボク島の焼き物の伝統の復活と、生産者の生活向上を目指し、立ち上げられたのがフェアトレードNGO「Lombok Pottery Centre/LPC」です。作り手は、全員女性。夫に捨てられたり、経済的に困窮している女性が集まって、焼き物作りで自立の道を歩み始めています。ロンボク島の先住民ササックの人たちは、昔から手捻りの土器を焼き、生活道具として使って来ました。しかし、1945年のインドネシア独立以降、現金収入を求めてほとんどの働き手は隣のバリ島に流れ、島は空洞化。犯罪も多発し、焼き物の伝統も壊滅状態となりました。

そんな中1988年に、ニュージーランド政府とインドネシア政府が協力し、焼き物の復活と生産者の生活水準の向上を目的として立ち上げられたのがフェアトレードNGO「Lombok Pottery Centre/LPC」です。技術指導やマーケティング支援などによって、伝統的な焼き物の復活に見事に成功しました。フェアトレードNGO「Lombok Pottery Centre/LPC」の作り手は、全員女性。夫に捨てられたり、経済的に困窮している女性が集まって、焼き物作りで自立の道を歩み始めています。商品の売上は彼女たちの貴重な収入源になるだけでなく、子供たちの奨学金として役立てられます。

○シンプルな素材・手仕事のぬくもりロンボク島はインドネシアの小さな島で、バリ島の隣に位置しています。素朴であたたかみあふれるロンボクの焼き物の素材はとてもシンプル。材料は粘土と水と砂だけで、米ぬかやタマリンドの実で色をつけます。土器の艶を出すために使う道具はなんと石!全てのものが身近にあり、自然のものでできています。

ページの先頭に戻る ▲

シサム工房,フェアトレード,手仕事,関西,京都,大阪,神戸,アジアン雑貨,家具,インテリア