‘10月イベント’ に関連する記事

Comments


銀杏と手刺繍 ~ちくちく・波ぬい・インドの手刺繍~10月16日(日)まで

2011年 10月 13日

通勤する時銀杏の実がたーーーくさん落ちています。

匂ったら臭いけど、食べたらうまい!

こんなにうまいものを見逃すわけにはいかない!

今朝銀杏を収穫しに少し早く家を出て、ビニール袋片手に落ちている実をひろい集めていました。

すると、目の前に私の拾っている実の2倍くらいの大きさの実を集めているおじさんがいて

わあ!!っとうらやましそう~に見ていたところ、

「どや?こっち来てみ」と言って、大きな実の木の下に誘ってくれました。

そしておじさんはおもむろに銀杏の木にスルスルと登って、ゆさゆさと枝を揺らしたかと思うと

ぽたぽたぽたーーーーっと大きな実が次から次へと落ちてきて、「拾いなさい」と。e3818ee38293e381aae38293efbc92

「いててててて・・・」と腰をさすっていましたが、その姿、かっこよかったです!

よく思い出してみるとその方、昨年も銀杏を拾っていたらその食べ方を教えて下さった方でした。

師匠です。

揺らしてみたけど、師匠みたいには上手く実が落ちてこなかったです。

乾かしたらフライパンで炒って、塩とパレスチナ・オリーブオイルをまぶして食べるのが大好きです。

ああ、まちどおしい。

あ!!

本題です↓

 

 

——————————————————————————————————————————————–

ちくちく・波ぬい・インドの手仕事 10月16日(日)まで

 

9月から京都本店と六角通り店(六角通り店は9月いっぱいで終了しました)で取扱いをしているTankaさんのお洋服と雑貨たち。

シサムを訪れてくださる多くの方々をトリコにして参りましたが、まもなく企画展が終了致します。

以前もご紹介しましたが手紡ぎ・手織りのカディに、ちくちくと波ぬいが施されたTankaさんの商品は、インドのフェアトレードNGO「Sadhna」Tankaをお1人で切り盛りする山崎志保さんのコラボレート商品です。

開催中こんな事がありました。

Tankaの山崎さんがお店にいらしていた時に、Tankaのお洋服を着て来店して下さった方がいらっしゃり、何とお二人が顔を合わせる機会がありました。

山崎さん、思わずウルウル。

山崎さんのインドの生産者を思う気持ちと、3年間お1人で頑張ってやって来られた色んな苦労や思いが、こうしてTankaの製品を「好き」という気持ちで選んで下さる方がいて、それを目の当たりにする事で、パッと実を結んだのだと思いました。

そういう色んな気持ちがヒシヒシと伝わってきて、とても幸せな気持ちに包まれました。

そのお客様もとても感激しておられました。

「作る人」と「着る人」がいて、自分たちがその間に立って、思いや背景や自分が感じた事を「伝える人」なんだという事を実感しました。

ものには必ず作られる背景があって、その背景までも大事にできたら、ものはもっともっと価値のあるものになるんだな。

 

——————————————————————————————————————————————–

ではここでお気に入りの商品の紹介です。

tankae38195e38293-023

tankae38195e38293-0241

まずはこちら、洗いをかけるとくた~~~~っといい味わいの出るクルタ。白は重ね着にも使えます。シサム工房の冬のオススメ、マハグチのワイドスルワールと、ジャガード織ショールと組み合わせています。ニットのベレー帽もピッタリです。

カディ手刺繍ロングクルタ

¥6,476(税込¥6,800)

tankae38195e38293-029

tankae38195e38293-032

そしてこちらは私も六角通り店の高橋もお気に入りのノースリーブクルタ。草木染めがほんのり茶色の絶妙な色を出していて、洗いをかけるごとに生地は柔らかく、色はずっといい色に変わってきます。こちらは残り1枚です。

カディ草木染めカシュクール波ぬいクルタ

¥6,476(税込¥6,800)

tankae38195e38293-028

tankae38195e38293-027

 

 

 

 

 

 

さらにこのクルタ、何と授乳もできるんです。木のボタンの後ろに紐が隠れています。

tankae38195e38293-016tankae38195e38293-017

そしてこのクルタ!

草間やよいさんを感じるのは私だけ!?

丸いアップリケが施されていて、細部まで凝っているんですよ。かわいい~、そしてかっこいい!

今年の素朴なラインの中では珍しく、鮮やかな紫がとってもキレイです。

カシュクールクルタ

¥4,000(税込¥4,200)

tankae38195e38293-018tankae38195e38293-0071

半袖のカットソーはこれからタートルネックや長袖と組み合わせ、ニットを羽織るとたちまち冬の装いになります。

波ぬいの格子模様は絶妙に色が異なった糸を使っています。

半袖だけどまだまだ根強い人気です。だってカディは一年中きまわしが効くのですよ。

Vネック格子模様トップス

¥4,000(税込¥4,200)

tankae38195e38293-033ポーチもとってもかわいいんです。

手刺繍パッチワークポーチ(シルク)

¥2,700(税込¥2,835)

まんまるのポーチは鞄に一つ入っているととっても便利。そして毎日持ち歩くものなので、やっぱり好きなものを選びたいですよね。

写真で紹介しているのはシルク素材ですが、コットン素材もあります。

 

 

 

 

 

tankae38195e38293-037

 

tankae38195e38293-039

tankae38195e38293-038

 

 

口が大きく開いて、まんまるになります。

どれもオススメのものばかり!一部しかご覧いただけず残念ですが、ぜひ店頭に見にいらして下さいね。

京都本店ヤマモト

<関連記事>

ちくちく・なみぬい・インドの手仕事

ちくちく・なみぬい・インドの手仕事②~お気に入りを着て~

ちくちく・なみぬい・インドの手仕事~六角通り店タカハシの想い編~

ちくちく・波ぬい・インドの手仕事

2011年 9月 9日

9月10日(土)から京都本店にて、インドからやってきた手織や手刺繍といった手仕事をたっぷりと詰め込んだお洋服、雑貨が勢ぞろいします。

同時に六角通り店でもこちらの商品の大ファン・タカハシの思いをこめて、一部取扱いを致します(六角通り店は来週以降の開催となります。)

題して

「ちくちく・波ぬい・インドの手仕事」

e382b5e38389e3838a-0301

京都在住の山崎志保さんという女性がインドを旅し、「sadhna」という女性自立支援団体に出会い、その手仕事の美しさにほれ込んだ事から「Tanka」のものづくりはスタートしました。

Tanka店主の山崎志保さんです。線が細くて小さな女性ですが、お1人でTankaを切り盛りしています。山崎さんの着ているシャツも今回やってきます。e382b5e38389e3838a-002

sadhna」(サドナ)とは

インド・ウダプイルに「sadhna」というフェアトレードグループがあります。手織りの布カディやちくちく刺繍を用いた衣料、雑貨などを作っています。 

 

サドナ写真1

sadhnaの作業風景(tankaさんホームページより抜粋)

sadhnaはインドの女性自立支援団体で約650人職人さんたちが働いているフェアトレードNGO団体です。インドではまだまだ女性の立場は弱く、特に地方に住む女性たちは社会的・経済的に地位が低い現実があります。教育水準の低さ、貧しさ、差別、失業、また花嫁持参金(ダウリー)も女性の立場を苦しめています。3ヶ月の技術トレーニングを経て商品作りへと携わっていきます。詳しくはホームページをご覧下さい→こちらをクリック

シサム工房でもいくつものこういったフェアトレード団体とのつながりがありますが、sadhnaも山崎志保さんのブランド「Tankaとのコラボレート商品を作る事で、日本の人たちに広く手仕事を知ってもらったり生活をする賃金を得るだけでなく、新たな技術や可能性を磨く事ができます。

山崎さんのアイデア一つで、もともと持つ素晴らしい技術に魔法がかかり、さらに輝きを増します。

 

さてさて、では今回京都店にやってくるTankaさんのステキな商品の一部をご紹介します。

そのよさはなんといっても手刺繍の美しさと生地のよさ。

見てください!

微妙に色の違う糸を丁寧に刺子してあります。sadhnaではなるべく誰にでも刺繍ができるように「なみぬい」を基本としています。

e382b5e38389e3838a-0041

着てみるとこんな感じ。カディ(インドの手織り布)の気持ちよさは、洗いを何度もかけてはじめてわかります。店主さんの何度も手洗いを重ねたカディの気持ちよさったらありませんでした。

e382b5e38389e3838a-0061

こんな明るい色もありますよ。

e382b5e38389e3838a-011

 

ボタンやパーツのかわいらしさも見逃せません。e382b5e38389e3838a-007

e382b5e38389e3838a-008

 e382b5e38389e3838a-025着てみるとこんな感じ。

カシュクールになっていますので、重ね着に便利。コットンのよさは重ね着で一年中着られてしまうことです。e382b5e38389e3838a-024

私のお気に入りはこちらのショール。既に一点買っちゃいました。洗いを既にかけたところ本当にさらさらと気持ちがいいんです。

おおざっぱなのでまるで手ぬぐいのような扱いになってしまっていますが、どこにいっても「それいいね~」とほめて頂けます。

そしてそれほど丈夫で乾きも早くて気持ちいいのです。

生成りも茶色もどちらもほしいー。ふちの三角刺繍がポイントです。

e382b5e38389e3838a-001

 そしてショールもう一枚!こちらはうすーーいコットンのブロックプリント(木版でぺたぺたとハンコを押すように柄を手作業でつけていくプリント方法)が施され、さらにその柄にちょこちょこちょこっと手刺繍が!!!

軽いショールは何枚あっても便利!インドの女性たちの中には、ショールを巻かねば何だか忘れ物をしたように感じる方も多いほど。身だしなみなんでしょうか。

 そして日本ではこうしてオシャレとして身にまとう。遠く離れた土地の文化を日常に取り入れる。ステキです。

e382b5e38389e3838a-047

こちらは雑貨の一部・・ほんの一部です。

e382b5e38389e3838a-027 

e382b5e38389e3838a-035

e382b5e38389e3838a-037

e382b5e38389e3838a-046e382b5e38389e3838a-045

 

まだまだ!

まだまだ!

商品がそろいましたら画像をUPしますね。

でもほんとは

お見せして実際手にとってすりすりして頂きたいものばっかりなんです。

ぜひぜひ京都本店、六角通り店に見にいらして下さいね。

サイズがあるものもございます。お気軽にご試着してみて下さいね。

お待ちしています!!!

シサム工房京都本店

ヤマモト