‘ムクウェゲ’ に関連する記事

Comments


〇sisam cinema vol.21『女を修理する男』〇

2018年 11月 1日

こんにちは。

裏寺通り店のムラタです。

11月のシネマのお知らせです!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

21 sisam cinema

68673

『女を修理する男』

予告動画はこちら

日時: 2018/11/28()

料金:店頭前売券¥900(税込) / 当日券¥1,000(税込)

(小学生までは無料、中高生は¥500(税込))

受付: 19:00/ 上映: 19:30

当日の営業は 19時までとなっております。

●●●ご予約方法●●●

① 京都・裏寺通り店、店頭にて前売り券を販売中

② インターネットからもご予約出来ます、予約フォームはこちら

③ 電話でもお気軽にご予約いただけます電話番号:075-212-1653

.

上映中の飲食は可能で、フェアトレードジュースやアイスの販売しております。

(持ち込みはご遠慮いただいております。)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

アフリカ中部に位置する、コンゴ共和国のお話です。

鉱物が豊富なコンゴでは、鉱物紛争が勃発し、

20年~続いています。

e7acace59b9be8a9b1e38080e382b3e383b3e382b4e6b091e4b8bbe59cb0e59bb3

ここで採取出来る希少金属が、レアメタル。

スマートフォンを始め、テレビ、パソコン、自動車、多くの電子機器に

使用され製造に不可欠な鉱物です。

レアメタルを奪い合う紛争が続き、児童兵士、薬物洗脳、性的暴力、

感染症など国は、かなり危険な状態。

いままで、コンゴの実態は、日本を含め、先進国には伝わってきませんでした。

ジャーナリストが入れないほど、危険。

もしくは、資源必要国であるから、マスコミが報じなかったという意見もあります。

わたしたちの電子機器に囲まれた、便利な生活の裏側には、

こんな悲しい物語があったんですね。

そのコンゴの中でも、東コンゴは、

「女性にとって世界最悪の場所」とされています。

”性暴力が、テロリズムとして行われている”

性暴力について、なんとなくのイメージしかわきませんでした。

それがテロリズムとして???テロリズム、、?

妊娠・出産できない身体になるまで痛めつけられたり、

性器に銃弾が撃ち込まれたり、

膣と肛門がつながるほど切り裂かれたり、、

と衝撃的な、理解に苦しむような実態でした。

命を奪われることもあれば、エイズに感染し、

家族や、まわりから差別を受け、長年、ダメージを受け続けるのです。

成人女性だけでなく、少女、男性も標的だったそうです。

この状態を救いたい、と熱心に取り組むのが、

婦人科医 デニ・ムクウェゲ医師。

sub3-thumb-600x399-849

4万人以上の被害女性を肉体的に、精神的に治癒してきました。

デニ・ムクウェゲ医師は脅迫を受け、一時は海外に避難しましたが

暗殺未遂にあいながらも、再びコンゴへ戻り、命がけの治療をします。

その他、司法的な手段、国連本部を始め、世界各地で

性的暴力被害に関する演説を行い、

女性の人権尊重を訴えてきました。

その活動が評価され、国連人権賞、ヒラリー・クリントン賞、

サハロフ賞を受賞。最も影響力のある100人に選ばれています。

2da6baf66686f8b554d085fdce4a48261

そして、この2018年、ノーベル平和賞も受賞しました。

ノーベル平和賞の受賞で、コンゴの実態を知るきっかけが増えてきたそうです。

わたしは、このシネマの上映情報を調べるまで知りませんでした。

レアメタルの恩恵を受けているわたしたちが、

やっと、裏側を知るときが来ました。

目を伏せたくなるような、映像が多くあるかと思いますが、事実を知ることは大事。

大きなことは出来なくても、その事実を知れば、

生活の中でふと思い出し、選択を変えたり、

自らの行いを改めることが出来ると思います。

ぜひ、一緒に鑑賞しましょう!

参照URL:

裏寺通り店 ムラタ

image1

fb instagram