‘シサムコーヒー’ に関連する記事

Comments


『 SISAM COFFEE 新聞 vol.30 』

2018年 4月 30日



こんにちは。SISAM COFFEE新聞編集長のサタケです。

前回のSISAM COFFEE新聞では、フィリピン出張で訪ねた、
フェリーさんの農場についてお伝えしました。

今回は、SISAM COFFEEを生産者さんから買い付け、日本へ届けてくれている、
NGO「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)」のスタッフさんと、
セミナーで訪れた村の生産者さんにインタビューをしてきた様子をお伝えします。



長〜いので、ぜひコーヒー片手にゆっくり読んでいただけたら嬉しいです。




まずは、CGNのスタッフさんをご紹介。

CGNは、コーヒー豆の買い付けだけではなく、必要備品のサポート、
コーヒー栽培の技術指導、環境保全など、様々な面で、生産者さんをサポートしています。

そんなCGNで働いているリリーさんに少しお話を伺いました。

img_6709e381aee382b3e38394e383bc

リリーさん、実はキューグレーダーという資格を持っています。


キューグレーダーとは、一言で言うと、コーヒーの味や品質の評価ができる資格です。
簡単に説明してしまいましたが、キューグレーダーは世界共通の資格で、
取得するには、とても難しい試験を通らなくてはなりません。
コーヒーの一般的な知識はもちろん、味覚・嗅覚を使い、微妙な味の違いを識別できるか、
などなど、多岐にわたる試験をクリアして初めて、キューグレーダーを名乗ることができます。

そんな素晴らしい資格を持っているリリーさん。
のどかな山岳地帯に暮らす山岳民族の出身で、とても真面目な方。


サタケ:「いつからCGNで働いているんですか?」

リリーさん:「もともと、大学で林学を学んでいて、森林に関わる仕事がしたいと探していたところ、
CGNと出会いました。はじめは、ボランティアスタッフとして働き始め、やがてスタッフとして働くようになりました。」

img_6708e381aee382b3e38394e383bc


サタケ:「いつからコーヒーの活動に関わるようになったんですか?」

リリーさん:「CGNのコーヒープロジェクトには、2010年から関わっていて、
フィリピンのさまざまな場所でセミナーを行ってきました。
その中で、キューグレーダーの資格も取りました。」


「キューグレーダーの資格を取るのは、プレッシャーもあって大変だったわー」
と笑いながら話してくれたリリーさん。

それもそのはず、キューグレーダーは試験が難しいだけでなく、
実は試験費用もなかなかお高め。
「命がけで頑張んなさいよ〜(笑)」 と、CGNの代表・反町さんからも
プレッシャーがあったみたいです。笑


無事にキューグレーダーになったリリーさんですが、
今でも毎朝2つのコーヒーを飲み比べ、味の違いを判別しているそう。
純粋に違いが知りたいという気持ちもあるとのことでしたが、
そのプロ意識には、こちらも背筋が伸びました。


サタケ:「キューグレーダーとしてのやりがいはなんですか?」

リリーさん:「資格があるのとないのでは、説得力に雲泥の差が出るの。
資格を取る前も、セミナーを行っていたけど、資格を取った後のほうが、
以前よりも説得力が出て、生産者さんの聞く耳も変わるわ」

img_6694e381aee382b3e38394e383bc

たくさんは語らないリリーさんですが、お話を聞く中で、
しっかりとした芯を持った、素晴らしい女性 だなととても感じました。


さらに、リリーさん、実は現在大学院にも通っている学生さんなんです。
まだまだ学びたいことがたくさん。
さらには、9歳と5歳の二人のお子さんのママでもあります。
CGNのスタッフであり、学生であり、ママでもあるリリーさん。
日々、家庭のこと、仕事のこと、学校のこと、とやることが山積みです。

それでも、「自分なりに時間を区切って、子ども達との時間も取るようにしているわ」
とお話ししてくれました。


専門的な知識を持って、
おいしいコーヒーを作るサポートをしてくれているスタッフの存在を知ることができました。

img_6710e381aee382b3e38394e383bc2



続いて、今回の出張で訪れた村のひとつ、サグポ村の生産者さんお二人にお話を伺いました。

サグポ村は、バギオから約2時間半ほどの山あいにある小さな村です。
ここの生産者さんは、女性がほとんど。

img_6873e381aee382b3e38394e383bc


セミナー場所に着くなり、かわいい子どもたちがたくさん遊んでいました。
みなさん、家事・育児をしながら、コーヒー栽培をしています。

img_6817e381aee382b3e38394e383bc


生産者さんのお二人、リガオさんとエリファスさんに、セミナーの合間時間に
インタビューをさせてもらいました。

リガオさん(写真右から2番目)は39歳で、5人のお子さんのママでもあります。
エリファスさん(写真左)は32歳、3人のお子さんのママです。
みなさん子だくさん!!

img_6942e381aee382b3e38394e383bc


サタケ:「いつ頃からコーヒー栽培をしているのですか?」

エリファスさん:「2002年ごろから。裏庭で5本の苗木を植えたところから始めたの」


サタケ:「コーヒー栽培を始める前と後では、何か違いはありますか?」

リガオさん:「コーヒー栽培を始める前は、サヨテ(ウリ科の作物)と他の野菜を育てていたけれど、
コーヒー栽培を始めたことで、副収入を得られるようになったわ」


サヨテは、フィリピンではとてもポピュラーな野菜で、市場でもよく見かける作物です。
昔から育てている人も多く、現地の人の現金収入の主な手段でしたが、
サヨテの単一栽培だけだと、森林の土壌が弱ってしまいます。
コーヒー栽培を始めることで、より安定した収入を得ることができ、
土壌を強くすることもできます。


エリファスさん:「それから、こうしてセミナーを開いてくれて、学ぶ機会が増えたこと。
勉強して知識を増やせることはとても自分たちの励みになります。
あと、買いに行くのではなく、自分たちで育てたコーヒーを飲めることかな」

img_6944e381aee382b3e38394e383bc1


サタケ:「コーヒー栽培で楽しいことは何ですか?」

リガオさん:「自分の育てたコーヒーを飲めることと、自分の育てたコーヒーが、
海外に届けられていること、こうして海外のひとたちとも繋がっていられることです」
と嬉しそうにお話ししてくれました。

img_6945e381aee382b3e38394e383bc



サグボ村は、まだまだこれから生産量を増やしていこうとしているところ。
おふたりとも日々、家のこともこなしながら、
コーヒー栽培をしていくことは大変なこともあるそうですが、
家族と離れて出稼ぎなどに出ず、こうした今までの生活の中でも続けていけることは、
とても貴重な手段なんだなと思いました。

img_6966e381aee382b3e38394e383bc


フィリピン滞在中、訪れた場所場所で、いつも熱々のコーヒーを出してくれました。
1日何回くらい飲むの?と、インタビューしたお二人に聞くと、
「何回かな?数えたことないけど、日に何度も飲むわ(笑)」 と話してくれた通り、
本当に現地の方も、何杯もよく飲んでいました。
そのくらい、コーヒーは身近なものなんですね。

img_7002e381aee382b3e38394e383bc



今回、実際にSISAM COFFEEを作ってくれている生産者さんや、
産地を訪れ、セミナーの中や移動の道中でいろいろなお話を聞き、
フィリピンのコーヒー栽培について、私もたくさんのことを学ばせてもらいました。


奥が深いコーヒー栽培。もちろんこれからの課題もいろいろありますが、
生産者さんにとっても、コーヒーを選ぶ私たちにとっても、そして環境にとっても
良い選択となるアグロフォレストリーで作られた
SISAM COFFEEが持つ可能性も感じることができました。

img_7001e381aee382b3e38394e383bc



やーっと入荷したSISAM COFFEEを久しぶりに飲んで、
「やっぱりSISAM COFFEEはおいしい」と思いました。

このおいしい一杯が、届けてくれている方にも環境にもいい、みんなが幸せになるSISAM COFFEE。

これからも、たくさんの方に届けていきたい!と決意新たに、フィリピンを後にしました。



フィリピン出張のお話をお伝えした、前回と今回のSISAM COFFEE新聞。


長々と最後まで読んでいただきありがとうございました!


SISAM COFFEE 新聞 編集長 サタケ


e381bfe38293e381aascoffee1_500

■SISAM COFFEEについて■

・・・ SISAM COFFEE 新聞 バックナンバー ・・・

vol.1vol.2vol.3 / vol.4 / vol.5 vol.6 / vol.7 / vol.8 / 号外 / vol.9 / vol.10

vol.11vol.12/ vol.13/ 号外/ vol.14/ vol.15/ vol.16/ vol.17/ vol.18/ vol.19/ vol.20

vol.21 vol.22vol.23vol.24vol.25vol.26号外vol.27vol.28/ vol.29

『 SISAM COFFEE 新聞 vol.29 』

2018年 4月 25日



みなさま、こんにちは。

SISAM COFFEE新聞編集長のサタケです。

まだ寒さも残る3月。SISAM COFFEEのふるさと、フィリピンへ行ってきました!


img_6323_500

わたくし、初フィリピンです!


関空から直行便で約4時間で首都マニラに到着。そしてマニラから高速バスで約5時間。

map_500

SISAM COFFEEのふるさと、バギオに着きました。
バギオはマニラのあるルソン島の北部コーディリエラ地域の玄関口に位置します。
(上の画像の★印のあたりです)

気温30度、灼熱のマニラから一変、バギオに着くなり、
「す、涼しい・・・」と、びっくりの気温差。

それもそのはず。ここバギオは、標高1400メートルほどで、
一年を通して、日本の5月、6月くらいの気温なのだそう。

このバギオで、SISAM COFFEEは作られています。



さて、今回の出張の目的は、
【 フェアトレードのメリットを伝えること 】


img_6747_500_2
(今回のセミナーの様子。写真左で話しているは、同行していた卸チームのスタッフ:ヤバタ)


近年の世界的なコーヒー需要の増加とともに、フィリピンコーヒーの注目も高まり、
毎日多くの海外バイヤーが、フィリピンコーヒーを買い付けに訪れているそうです。

市場が大きくなると、価格も不安定になります。
バイヤーが、高い値付けをし、最初の年だけ買い付けに来て、次の年はこなくなってしまい、
育てたコーヒー豆を売る先がなく、収入が確保できなくなってしまう。
そういったケースも少なくありません。

しかし、フェアトレードのコーヒーを育てることは、
単発的なものではなく、お互いを知り、信頼関係を築きながら、
継続的なやりとりを続けていくことができる。

その意味を伝えるため、2つの村でセミナーを行って来ました。

セミナーの様子は、facebookにアップしていますので、ご覧頂けたら嬉しいです。
#フィリピン出張記 のハッシュタグで調べて頂くと見つかります。
fb




このブログでは、生産者さんの様子をお伝えしていきたいと思います(^^)

まずは、セミナーに行く前日に、いまSISAM COFFEEを一番作ってくれている、
フェリーさんの農場を訪れました。

SISAM COFFEEがデビューして約4年。
生産地を訪れたスタッフから何度も名前を聞いていたフェリーさん。
やっと会える!とわくわくしていました。

乗り合いバスのジプニーに乗り込み出発!

img_6417_500_2
(こちらCGNのジプニー。カラフル!)



img_6440_500_2
(中はこんな感じ。コンパクトなシートに横乗りスタイル)



滞在していたゲストハウスから、ジプニーに揺られること約1時間半。
細~い道も進みながら、たどり着いたのはのどかな場所。

img_6448_500_2



「こっちだよ~」と先導するスタッフについていくと、大きな看板が。

img_6450_500_2



また少し歩いて、急な斜面を下りると、
優しい笑顔のフェリーさんが出迎えてくれました。

img_6797_500






ちょうど、収穫した豆のパーチメントを取る作業があったので体験させてもらいました。

コーヒー豆は、赤い実がなり、その中からこんな風にベージュの実が出てきます。

img_6453_500


この実を乾燥させて、表面の薄いベージュの皮(パーチメント)を取ると、生豆になります。

img_2932_500

この生豆を焙煎すると、よく見る焦げ茶色のコーヒー豆になるのです。


フェリーさんの農場では、このパーチメント除去作業も手作業!

深さのある木の臼の中にコーヒー豆を入れ、長ーい棒で突く。ひたすら突く。

img_6478_500


臼の中心をうまく突かないと、大事なコーヒー豆が外にこぼれてしまい、うまく作業が進みません。

簡単そうに見えますが、この棒が意外と重く、臼の真ん中を突くのがムズカシイ!!

img_6482_500

思っているのと、実際にやるのとでは大違い。うまくできず、役立たずでした(笑)


img_6475_500

フェリーさんは、さくさくとリズミカルにやっていました・・・!



img_6477_500

しばらくすると、こんな風にパーチメントが取れて、コーヒーの生豆が出てきました。

これは、一杯のコーヒーが出来上がるまでのほんの一部の作業。
おいしい一杯のためには、たくさんの手作業を経ているのです。
体験してみて初めて分かる、作り手さんの大変さでした。



その後、フェリーさんに農場を案内してもらいました。

広~~~い農場の中には、たくさんの木々が青々と生い茂り、
パイナップル、バナナ、パッションフルーツ、などなど、おいしそうなフルーツが実っていました。
このフルーツたちのおいしいこと!!!
採れたてをその場で食べさせてもらいました。甘かったな~~


img_3355_500 img_3374_500


私たちと一緒にセミナーを行うために農場を訪れていた、
インドネシアのコーヒー栽培専門家の方も、フェリーさんの農場を見て、
「パラダイス!!!」と言っちゃうほど。

それほどに、フェリーさんの農場は、たくさんの種類の木々や果物が実り、
まさに、アグロフォレストリーを実践していました。


フェリーさんは、約23年間農業を続けており、最初は50本の苗からスタートさせ、
今や数えきれないほどの木々や作物のなる美しい農場を管理しています。

img_6487_500
(コーヒーの苗木)


あまりに広いので、どこにコーヒーの木が植わっているか忘れそうなほど。
でも、フェリーさんはちゃんと覚えているそうです。

20年以上、農業を続けているフェリーさんですが、日々、工夫や努力は欠かしません。

自作のコンポストを作成し、さらに、そのコンポストから出る水分には
多くの栄養が含まれていると考え、溜めて農場の作物に与えていました。
農薬などには頼らず、自然から出る栄養分を無駄にせず再利用していました。

img_6566_500

このフェリーさんの工夫には、専門家の方も脱帽。
そして、その培養液の有効活用の方法を伝授。

このお話には、フェリーさんも興味津々で聞き入っていました。


アグロフォレストリーでコーヒーを栽培することは、決して簡単なことではありません。

しっかりと知識を持って管理していくこと、そして忍耐強く実践していくことが大切だと実感しました。


写真を撮らせてもらうときも、「シサムゥ~~」と言いながら写真に写るお茶目なフェリーさん。

img_6540_500



地道に、忍耐強く、アグロフォレストリーでコーヒー栽培を続けているフェリーさんに感謝しつつ、
SISAM COFFEEが、こうしてたくさんの作物と一緒に生き生きと育てられている現場を見ることができ、
とてもうれしく思いました。


いつものコーヒー一杯が、どんな環境で作られているのか。
しっかり知った上で選ぶことが、私たちの暮らす地球への心配りにもなる。

そのことを、身を持って感じることのできた1日となりました。
img_6500_500



さて、次のブログでは、CGNのスタッフと、セミナーを行った村の生産者さんへの
インタビュー記事です。お楽しみに~◎



SISAM COFFEE 新聞 編集長 サタケ



e381bfe38293e381aascoffee1_500

■SISAM COFFEEについて■

・・・ SISAM COFFEE 新聞 バックナンバー ・・・

vol.1vol.2vol.3 / vol.4 / vol.5 vol.6 / vol.7 / vol.8 / 号外 / vol.9 / vol.10

vol.11vol.12/ vol.13/ 号外/ vol.14/ vol.15/ vol.16/ vol.17/ vol.18/ vol.19/ vol.20

vol.21 vol.22/ vol.23/ vol.24/ vol.25/ vol.26/ 号外/ vol.27/ vol.28

〇●〇●シサムコーヒーと楽しむ器●〇●〇@コピス吉祥寺店

2018年 3月 27日



こんにちは!

コピス吉祥寺店のイデです。



先日の『SISAM COFFEE新聞』でもお伝えした通り、

シサムコーヒーが店頭に再入荷しました!!

img_3733(スタッフ : イデ、ミヤウチ)

さっそく、たくさんのお客様から「待ってたよ!」の声をいただき、

スタッフも毎日とても嬉しいです。



今日は、美味しいシサムコーヒーを淹れるのにぴったりな器が入荷しましたので

ご紹介いたします!



〇●〇●〇中ノ畑窯〇●〇●〇



沖縄の工房で器づくりの修行をされた作家さんによる、

「日々のくらしにそっと添うような器」たち。

どれもどことなくやちむんの風合いのある作品です。

img_3739

個性豊かなマグカップたち。

どれも中身がたっぷり入る形で嬉しい!

img_3736

ドリッパーは外面も内面もため息のでる美しさ。

コーヒータイムをより温かく、贅沢にしてくれるアイテムです。

img_3741

7寸皿、5寸皿、4寸皿、そして箸置きも。



中ノ畑窯はコピス吉祥寺店では2回目のお取り扱い。

前回は大人気で完売が続出しましたので、

ぜひ、お早めにお越しください!



〇●〇●〇STONE WARE〇●〇●〇



ネパールの工房で作られているストーンウェア(炻器)のシリーズ。

シンプルで硬質な素材感が特長。実は一つ一つ手びねりで作られています。

img_3742

素材そのままの質感が伝わる肌ざわりでありながら、

割れにくく、オーブンで300度の熱にも対応できる耐久性が持ち味。

何年も何年も長く連れ添えるマグカップです。



新生活を始めるご家族やご友人へのギフト、

出会いや別れの時期で何かと忙しい自分へのごほうび探しにも。

ぜひお店に遊びにいらしてくださいね!



そして、今週末はお待ちかね、

コピス吉祥寺店の1周年のアニバーサリーです!



▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

2017.3.30(金) ・ 31(土)  ・ 4.1(日)

vote for コピス吉祥寺店

1st ANNIVERSARY

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

メンバーズカードポイント10倍!

(コピス吉祥寺店限定)

3日間のサンクスフェアについてはこちら!

vote for コピス吉祥寺店 1周年サンクスフェア!vol.1

vote for コピス吉祥寺店 1周年サンクスフェア!vol.2


みなさまのご来店、心からお待ちしております!

img_3747

(スタッフ : ミヤウチ、コバヤシ)



コピス吉祥寺店 イデ



fb instagram

明日 3/15(木)は百万遍さんの手づくり市♪ @京都本店

2018年 3月 14日

.

.

こんにちは

京都本店のマニワです。

.

.

18-03-13-22-25-31-660_deco

.

.

.

【3.11を迎えて】

.

「シサム」とはアイヌ語で、

「隣人」という意味。

.

近くの人、遠くの人、みんなが想いを馳せれば、

思いやりに満ちた社会になれば、

すべての人と良き隣人になれれば、

平和に暮らせる世界になると信じて。

.

震災から7年を迎えた今日、

京都から願いを込めて。

.

.

.

先日京都本店のインスタグラムに

スタッフ トクナガが投稿した言葉です。

.

.

これを読んだとき

今自分のできることをしっかり考えて、

行動に移そうと想いました。

.

.

.

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

.

.

.

京都にも春がやって来ました。

明日3月15日(木)は小春日和ですって!

.

15日といえば手づくり市!!

img_20180215_1020132

.

「百万遍さんの手づくり市」

開催日:毎月15日

時間:午前8時~午後4時

場所:京都市左京区田中門前町 知恩寺境内

.

.

百万遍の知恩寺さんへは

京都本店から早歩きで約1分。

いつもお店は午前11時オープンですが

この15日だけは特別に午前9時30分から営業しています!

.

.

この日だけの限定商品は【七彩の風】

新鮮な葉野菜がたっぷり届きます!

.

.

くいしんぼうのみなさん!

京都本店では、春のおすすめの

器やカトラリーと食品をたくさんご用意して

みなさんをお待ちしています!

.

.

期間限定の器は【中ノ畑窯】

18-03-13-21-56-54-760_deco

18-03-13-21-54-57-059_deco

「日々のくらしにそっと寄り添うようなうつわを」

と大阪・高槻の山の中で陶器を生み出す

サトウ トモミ さんと サトウ ヒロミさん の

コラボ作品です。

.

デイリーにヘビロテしていただける

力強くて優しい器たちを手を取ってみてください。

.

.

.

ネパールから届いたフェアトレードの器

シサムの【ストーンウェア】シリーズもおすすめです!

18-03-13-21-54-01-505_deco

木のカトラリーとセットでどうぞ!!

.

18-03-13-21-52-52-320_deco

かわいいサイズのカップアンドソーサーも!

.

.

.

カップに注ぐコーヒーがない……

そんな日々が続いたシサムに

.

待望のシサムコーヒーが入荷しました!!!

18-03-14-12-37-05-083_deco

.

.

\ やった~♪ /

18-03-06-19-00-40-484_deco

トクナガ・マニワ・マエサキ

.

.

春の京都本店へ

ぜひお立ち寄りください!

.

.

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

.

.

.

.

.

京都本店 マニワ

.

.

fb instagram

■ シサコレ vol.6 ワークショップ 「手ぬぐいコーヒー染め体験」定員に達しました ■

2018年 3月 8日

みなさま、こんにちは!堀江店のチバです。


今回はシサコレの2日目に開催するワークショップ

「手ぬぐいコーヒー染め体験」

のお知らせですーー!



過去のブログ

■ シサコレvol.6 まもなく開催! ■

■シサコレvol.6 ワークショップ 消しゴムハンコでエコバッグにプリント体験 ご予約受付中!■



====================


【 SISAM COLLECTION vol.6 】

ワークショップ②

「手ぬぐいコーヒー染め体験」


◆日時 :3月31日(土)  11:00~12:30

◆参加費 :¥2,000 (税込) 手ぬぐい付き

◆定員 :10名


☆☆ 定員に達しました!ご応募ありがとうございました ☆☆


====================



まもなく入荷!!SISAM COFFEEを使って、

シサムコウボウオリジナルの手ぬぐいを染めます!



フィリピン・コーディリエラ地方で、

森での持続可能な暮らしをめざしながら丹精込めた作られた生豆を、

「中山珈琲焙煎所」の中山さんが、生豆の個性を生かしながら焙煎してくれた

「みんながしあわせになる」SISAMCOFFEE。

28795184_1703526849698965_316818510730348884_n


おいしく飲むだけじゃもったいない!!


飲み終わった出がらしで、もう一仕事してもらいましょう!





染める手ぬぐいは、

フェアトレードパートナーCreative Handicraftsから届いたもの。

img_15821


SISAMのロゴ入り!うれしいな!!

img_1629

この手ぬぐいがどんな風に染まるんでしょう・・・・・?????


SISAM COFFEEにまつわる、生産者のお話もきけちゃいます。!!

ワークショップの様子は、FaceBookでもご紹介する予定です!

みなさま、お楽しみに~~!!



1日目のワークショップ

「消しゴムハンコでエコバッグにプリント体験」は参加受付中です!


詳しくは、こちらのブログをご覧ください ↓
■シサコレvol.6 ワークショップ 消しゴムハンコでエコバッグにプリント体験 ご予約受付中!■


シサコレまで、あと22日!みんなで力を合わせて準備中です!

たくさんの方のご来店、お待ちしてます~~!

img_5182



堀江店 チバ


====================

『フェアトレード』の舞台裏を楽しむ特別な日!

【 SISAM COLLECTION vol.6 】

日時:2018年3月30日(金)、31日(土)、4月1日(日)


e383a1e382a4e383b3pop_a3_5003

詳しいチラシはコチラ →■ (PDF)

====================




fbinstagram

✤✤『アバカ』イベントのお知らせ✤✤@浮島ガーデン京都2階イベント会場

2017年 6月 20日

みなさま、こんにちは!

京都・裏寺通り店のオオバです!

いやぁ、今日の京都も暑いです!!

そんな暑い京都の地で、とっても素敵な

イベントがあるので、お知らせします^^

なんと!裏寺通り店でもお馴染みの

フェアプラスさんとシサムコウボウが共催で、

『アバカ』を深めるイベントを開催するのです!!

早速詳細を♫

↓↓↓

dsc01199

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

✤✤アバカ『マクラメ編み』技法実演とアバカ・アクセサリー作り体験✤✤

@浮島ガーデン京都2階イベント会場

日程:6/25(日)

時間:14:00~16:00

参加費:1,000円

(ワークショップ材料費、シサム・コーヒーを含む)

問合せ・申込:NPO法人フェアプラス

TEL:075-525-0064

MAIL:info@fairplus.org

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

そもそも『アバカ』とは??

頭に?が浮かんだ方!

『アバカ』は、バナナのような葉を持つ植物なんです。

繊維が軽くて、しなやかで、シサムでも

色々な商品に使われています。

140301-10-m-01-dl

CCAP アバカパンプキン 大

140301-6-m-01-dl

アバカネストボール

フェアプラスさんのアクセサリーがこちら↓

dsc00901

夏にもピッタリな、涼しげな雰囲気です!

『マクラメ編み』と呼ばれる

フィリピン中部のマリナオ村で伝承されてきた

繊細で美しい技法。

子育ての時間の中で育まれ、

子供とともに成長し、次の世代へ引き継がれています。

今回のイベントではこの特別な伝統技法が、

フィリピンの生産者により実演されるんです!!

そして、見るだけではなく、実際に天然素材

『アバカ』を使ったアクセサリーや、

可愛い小物作り体験もできるんです♪

そしてさらには!

シサムコーヒーの紹介&淹れ立てコーヒーを

我らシサムコウボウの代表ミズノ自ら

サービスさせていただくことになっております!!

dsc012011

シサムコーヒーとアバカアクセサリー

定員に限りがございますので、みなさまお急ぎください!

なお、お申込みはシサムではなく、下記までお願い致します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

✤✤アバカ『マクラメ編み』技法実演とアバカ・アクセサリー作り体験✤✤

@浮島ガーデン京都2階イベント会場

日程:6/25(日)

時間:14:00~16:00

参加費:1,000円

(ワークショップ材料費、シサム・コーヒーを含む)

問合せ・申込:NPO法人フェアプラス

TEL:075-525-0064

MAIL:info@fairplus.org

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

京都・裏寺通り店 オオバ

e38396e383ade382b0facebooke383ade382b47

◇父の日ギフトセレクション◇@コピス吉祥寺店

2017年 6月 1日

こんにちは。

コピス吉祥寺店のイデです。

早いものでもう6月・・・6月といえば?

そう、父の日です!

efbc91efbc91fullsizerender

今日は、コピス吉祥寺店スタッフ4人が

「自分のお父さんにあげたいギフト」を

一つずつ選んでみました!



①コセキより『長~く使える革小物』

efbc91efbc93fullsizerender

(スタッフ: コセキ)

efbc99fullsizerenderベルトウォレット

ものを大切に使うお父さんに、

インドの職人が作る、天然なめしのレザーシリーズからお財布のチョイスです。

長く使えば使うほど、手になじんでくるあたたかさがあります。



シサムには他にも、経年変化を楽しめる革小物がたくさん!

efbc98fullsizerender

普段はなかなか言えない、感謝の気持ちが伝わりそうですね・・・!



②ミヤウチより『シサムコーヒーでホッとする時間を』

efbc91efbc92fullsizerender

(スタッフ: ミヤウチ)

efbc96fullsizerenderSISAM COFFEE(深煎り・粉)

キャニスター

甘党のお父さんに、コク深い味わいのコーヒーのプレゼント。

コーヒーの香りや風味をずっと変わらずに保存してくれる、キャニスターをセットに。

シサムコーヒーの「深煎り」は、

ミルクで割ってカフェオレにするのにもぴったりです!

アイスコーヒーにしてすっきり味わうのも良いですね♪



③イデより『オーガニックコットンとヘンプソックスのセット』

e38396e383ade382b0

(スタッフ: イデ)

efbc95fullsizerenderユニセックスTシャツ

A HOPE HEMP ソックス

運動が大好きなお父さんに、夏に大活躍のセット!

オーガニックコットンのTシャツは、何度洗濯してもつづくフワフワの着心地感。

綿麻混紡のA HOPE HEMP ソックスは、

熱や汗を外にどんどん逃がしてくれる働き者です!



④店長コバヤシより『娘とおそろいで履けるワイドパンツ』

fullsizerender8(スタッフ: コバヤシ)

efbc93fullsizerenderワイドサルエルパンツGR

女性だけでなく、男性にもファンが多いワイドサルエル。

光沢のある生地感で、お父さんはカッコよく、娘はかわいく履けちゃいます!



ちなみに、コバヤシ着用のトップスはこちら・・・!

efbc91fullsizerender京都・裏寺通り店でのシサコレにて限定販売していた、

CONTINUUMさんによるステンシル入りのリラックスプルオーバー

東京のお客様のために、コピス吉祥寺店でも数量限定で販売しております。

もちろん、柄はすべて一点ものです!



シサムのギフトは、贈られる人も、作り手も笑顔になれる

「フェアトレード・ギフト」。

今年の父の日は、シサムのギフトと一緒に

お父さんへの「ありがとう」を伝えてみませんか?



最後に・・・

フェアトレードブック、まだまだコピス吉祥寺店でもご用意しております。efbc92fullsizerender休憩中に読んでウルウルしているスタッフ・ミヤウチ。。。

フェアトレード月間が終わっても、ぜひ読みにいらしてくださいね!



コピス吉祥寺店 イデ





***フェアトレード ワークショップのお知らせ③***

2017年 4月 6日

みなさん、こんにちは!

神戸岡本店のマツオです。


毎年5月の第2土曜日は

『 世界フェアトレードデー 』

世界中でフェアトレードを広めよう!という月です。


神戸岡本のフェアトレード発信基地として、

より楽しく、身近にフェアトレードを知っていただけるますように・・・


↓ コチラ ↓

*** フェアトレードワークショップ *** を開催しま~す!!


題して、 【 アバカランプをつくろう! 】

( タイトルそのままです )



image1

好きな色のアバカ紐をくるくる巻いて、オリジナルランプをつくりましょう!



一昨年、大阪堀江店でも開催して大好評を頂いたワークショップ!

今回もマツオが担当させていただきます!

\ 前回の様子はコチラ /

20150524_135545-640x360

みなさん、試行錯誤しながらじっくり巻いてくださいました。



生産地のフィリピンについて

よりわかりやすく、身近に感じていただけるお話も交えつつ

p8043245-640x480

フィリピンの生産者になりきって

( タンクトップ はシサムコウボウのオーガニックコットンがオススメ♪ )

ぜひ、一緒に世界にひとつのランプをつくりましょう!

img_8794

20150524_145219-640x360

乾燥して1週間後にお渡しします!


\ じゃ~ん /

20150524_164913-640x360

お部屋も心もぽかぽかに!

無心になってくるくる巻く時間はなかなかいいですよ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・開催日時 : 2017/5/16 (火)

13:00~15:00

・参加費 : 3500円+税

・定員 : 6名様まで

・お申込み・問い合わせ先 : 神戸・岡本店 TEL 078-453-2288

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



みなさまのご参加を心よりお待ちしています。



神戸岡本店 マツオ

fb-findusonfacebook

***フェアトレード ワークショップのお知らせ①***

2017年 4月 2日

みなさま、こんにちは。

堀江店 フジタです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、、

毎年5月の第2土曜日は

『 世界フェアトレードデー 』です!!

この日にちなんでシサムコウボウでは

フェアトレードについて学んで楽しめる

様々なイベントを企画しています!!

今日は数あるイベントの中でも

*** フェアトレードワークショップ ***

のご案内です!

では、さっそく参りましょう!!

::::::::::::::::::::::::::::

@神戸・三宮SOL店

【 植物とフェアトレードのある暮らし
~多肉寄せ植えワークショップ~ 】

fullsizerender

フェアトレードや植物のお話を交えながら多肉植物の植え込みます!

ネパールから届いたストーンウェア(炻器)を使い

生活に彩りとフェアトレードを添えてみませんか?

・開催日時 : 2017/5/13 (土)
①13:00~14:00

②16:00~17:00
①・②とも満員になりました。
ありがというございます!

・参加費 : 3500円+税

・定員 : 各回4名様まで

・お申込み・問い合わせ先 : 神戸・三宮SOL店 TEL 078-200-4188

::::::::::::::::::::::::::::

::::::::::::::::::::::::::::

@神戸・岡本店

【 アバカランプをつくろう!

image1

好きな色のアバカ紐をくるくる巻いて、オリジナルランプをつくりましょう!

フィリピンの生産者に思いを馳せてつくったランプは

心もお部屋もあたたまりますよ~

・開催日時 : 2017/5/16 (火)

13:00~15:00

・参加費 : 3500円+税

・定員 : 6名様まで

・お申込み・問い合わせ先 : 神戸・岡本店 TEL 078-453-2288

::::::::::::::::::::::::::::

::::::::::::::::::::::::::::

@大阪・堀江店

【 オーガニックコットン×糸紡ぎ

img_2222

インドから届いたふわふわのオーガニックコットンの綿を自分で紡いでみませんか?

出来上がった糸はシサムコウボウ自慢のコーヒーで色染めまで出来ます。

フェアトレードの生産者のお話しも交えながら ゆっくり糸紡ぎを楽しみましょう!

・開催日時 : 2017/5/27 (土) 13:00~15:30

・参加費 : 2000円+税

・定員 : 8名様まで

・お申込み・問い合わせ先 : 大阪・堀江店 TEL 06-6533-0577

::::::::::::::::::::::::::::

( シサムコウボウ全店舗情報の詳細はこちらから→

3店舗とも、参加者には5%OFF券(当日限り有効)付き!!

わぁーーっとご紹介しましたが、、

近日中にそれぞれのお店のスタッフによるブログで

より詳しくお話ししますので、お楽しみにー!!

どれもこれも普段自分でやろうとしても

なかなか出来ない体験だと思います。

ご興味ある方はぜひご参加下さいませ♪

※※ 最後にひとつ大事なお知らせがあります。 ※※

お申込み・お問い合わせは、それぞれのワークショップ主催店舗までお願い致します。

【 植物とフェアトレードのある暮らし~多肉寄せ植えワークショップ~ 】

⇒神戸・三宮SOL店 TEL 078-200-4188

【 アバカランプをつくろう! 】⇒神戸・岡本店 TEL 078-453-2288

【 オーガニックコットン×糸紡ぎ  】⇒大阪・堀江店 TEL 06-6533-0577

みなさまのご参加、

スタッフ一同心よりお待ちしています!!

堀江店 フジタ

fb-findusonfacebook

珈琲とチョコレート展はじまるよ!@もりのみやキューズモール店

2016年 11月 3日

こんにちは!もりのみやキューズモール店のふじさんこと、フジナカです。

少し前に、琵琶湖へ行ってきました。

1478067389914

まさに、mother lake。

雰囲気ありますよね。

美しかったです。

1478067247985近くの農園にいた、ハリネズミのおとげちゃんに一目ぼれ。

ブリーダーの方に飼わないかとオススメされましたが・・・

が、がまん・・・。ううう。

さて、おとげちゃんも大興奮のイベントが明日から!始まります!!

わーい!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

珈琲とチョコレート展

11/3(木・祝)~27(日)

@もりのみやキューズモール店

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今日はカカオ話をご紹介。

みなさん、カカオの別名をご存知ですか?



チョコレートに含まれる「カカオ」は、カカオ豆と言われる植物の実からとれる成分です。

その歴史は深く、約4000年前からお薬として、使用されてきました。



紀元前1900年頃から「カカワ」と呼ばれ、利用されていたようです。

学名「Theobroma」ギリシャ語で「神の食べ物」という意味だそうです。

images

(カカオの美)

「神の食べ物」。

なんと!

その名の通り、薬としての歴史が長いカカオには、沢山の栄養と嬉しい効能があります。

チョコレートがヨーロッパに持ち込まれた時も、当初は薬屋で健康増進剤や万能薬として売られ、

無気力から消化器官の病気まであらゆる治療に必要なものだったそうです。

images1(カカオをすり潰したもの)


カカオ豆をドロドロになるまで すりつぶした飲み物を「エクソコアルト」と呼び、

これは とうもろこしの粉やバニラ、トウガラシなどのスパイスを 加えたもので相当苦く、

不老長寿の薬とされ、アステカの皇帝モンテスマは 黄金のカップで1日に50杯も飲んでいたそうです。

images2

(エクソコアルト)



この「エクソコアルト」は大変高価なもので、 原料のカカオ豆はアステカ族の通貨としても使われ、

カカオ豆4粒でかぼちゃ一個、 10粒でウサギ一羽、、、などなどの値段に相当するほどだったとか!



カカオは貴重な食べ物、飲み物だったんですね。

わたくし、ふじさんの実家は雪が積もります。

とっても寒い日は、ココアを飲むのがお決まり。

白砂糖は体を冷やすので、はちみつ入り。

カカオは体を温めてもくれるんですよ~。



そんな、フジサンのおススメはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1478075821955いい夫婦の日(11月22日)に新婚さんに贈りたい!

お揃いのあったかーいルームシューズ と、フジサンの好きなチョコセット。

いかがですか?



こばさんのおすすめはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1478075759467

「今年のチョコレートの入荷はいつ!?」と聞いてくる友人たちへ。

首元あったかくして風邪引かないように。

あったかいシサムコーヒーとほろ苦いチョコレートで、日常の疲れを癒してね♪♪




もーりーのおすすめはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

14780757525701いつも気にかけてくれる、お世話になっているあの人に。

お仕事の合間にちょびっとつまめる、

シンプルだけど奥深いチョコレートたちと、ネックウォーマー。

ネックウォーマーは裏がフリース生地であったかです。

冷える室内でもつけて、あったかく過ごしてくださるといいな*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

珈琲とチョコレート展

11/3(木・祝)~27(日)

@もりのみやキューズモール店

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コーヒーもその昔はお薬だったとか・・・

続きは、また今度~



\\ この時期だけの!?チョコレートたくさん! //

14780673610061

もりのみやキューズモール店 フジナカ

* * * * * *

秋のシサム3ヶ月

@全店舗

9/1(木)~11/30(水)

* * * * * *

2016_e7a78be381aee382b7e382b5e383a03e382abe69c88e8a1a8e7b499e99da21

とある休日~SOL店の定休日⑰~

2016年 9月 22日



こんにちは
三宮SOL店のフジイです


この間の国際会館SOLの定休日に

三宮SOL店メンバー+スペシャルなゲストで

盛りだくさんの休日を過ごしました!!


前回の定休日の様子はこちら→■■■


まず、三宮SOL店メンバーでランチを食べに……


もりのみや店のコバヤシも以前blogで紹介していた
"神戸アジアン食堂バルSALA"さんへ!
(南京町にあるので、三宮SOL店からも徒歩圏内です。)

コバヤシ散歩→☆★☆★



スゴーーーーク美味しいアジア料理

neko2neko3



そして、食後のコーヒー

neko4


こちらは、みんなが幸せになる“シサムコーヒー”
美味しく淹れてくださいます♪

neko1


お店の方にも一緒にお写真を撮らせていただきました!

neko5


凄く大人数の集合写真に!
ちなみに……
SALAさんの制服はオーガニックコットンユニセックスTシャツです。

ゆったりと心地よい時間が流れる、素敵なお店
神戸でランチの際は、オススメです!


お腹も心も満たして
三宮SOL店メンバーで☆試着大会☆

同じアイテムを使って、コーディネートを!

合わせるモノは早い者勝ち

\ テーマは家族写真!グランマ・マニワとママ・フシノです!! /

securedownload1

今回はべルトスカートを使用!


たくさん試着をして、写真を撮って
お腹もすいてきたので……
\ お好み焼きを食べにきました! /

neko71

三宮SOL店メンバー+スペシャルゲストN様


そして、本日のメイン
\ CATS!/

neko91

今年の参加メンバーは……



neko16-225x3001

三宮SOL店 店長フシノ
ショートクルタ+ベルトスカート

neko12-225x3001

三宮SOL店 スタッフ ナカイ
ダブルガーゼ ジャンバースカート


neko11-225x3001

三宮SOL店スタッフ マニワ
オーガニックコットン フレアワンピース


neko10-225x3001

三宮SOL店 スタッフ フジイ
デニムシャツワンピ

neko13-225x3001

もりのみや店 店長コバヤシ
Vネックタック ワンピース

neko14-225x3001

なんばCITY店  スタッフ ミネシゲ
ダブルガーゼ スタンドカラーシャツワンピ


私、フジイは初劇団四季で
舞台セットにも大興奮!素晴らしい舞台でした!


そして……


\ お得なお知らせです!! /

topic-20160914_134328



SOLでは9/22(木・祝)~25(日)の4日間、
SOLポイントカードWポイントプレゼント!!
ぜひこの機会に三宮SOL店へお越しくださいませ。


\ 最後に!
Instagram も 是非ご覧ください!!!
新入荷、日々の出来事、スタッフのコーディネートなど
もりもりと掲載しております。
↓ ↓ ↓ ↓

2974_s


三宮SOL店 フジイ

e38396e383ade382b0facebooke383ade382b4

*もりのみやからフェアトレードを発信中!*コバヤシ編@もりのみやキューズモール店

2016年 9月 16日

こんにちは、もりのみやキューズモール店コバヤシです♪



前回のモリツグに引き続き、フェアトレードを広めたいと思ったキッカケ、コバヤシ編をお届けします!



フェアトレードに出会ったキッカケといえば、チョコレート、フィリピン、大学の恩師、等々・・・ですが

発信したい!という思いの根本は、「音楽」にあります。



中学生のとき、ギターの弾ける女子はかっこいい!!と思い込み

アコースティックギターを手に入れ、とにかく好きな曲ばかり弾いていました。

高校生のとき、今度はエレキギターを手に入れ、曲を作ってはライブハウスへ出向く日々。

外の世界は広いんだな~と色んな出会いがあったのもこの頃。



img_53321(若かりし、ギター弾くのを放棄しているコバヤシ)



その時期に出会ったのが、坂本龍一さんの「ZERO LANDMINE」や

ミスチル桜井和寿さんと小林武史さんが始めた「bank band」の活動。

飢餓や貧困への訴えかける、きっと誰しもが知っている「We are the world」という曲。



音楽を通して、地雷撤去を呼びかけたり、環境問題や自然エネルギーについて発信していること。

その時の私は単純に衝撃を受けて、「何か!何か出来ること何でもしなきゃ!!」と思ったのです。



ただの女子高生である私は、同じように社会に訴えかける音楽を目指すことはできない。。

そういう発信は大物アーティストがすればいいんだ。

\ 私は身近な人へを発信して、小さなことでも変えていける人間になりたい! /

by 10年ほど前の私

img_1706



そんなこんなで大学で出会ってしまった「フェアトレード」という仕組み。

目から鱗をポロポロ出しながら、必死に本を読み漁り、メモを取った私。

img_1700(大学3回生のときに訪れたフィリピン・ブスアンガ島にて。働き方、生き方を見つめ直したなぁ。)



環境問題、貧困や文化、生産者の自立・・・フェアトレードって幅広く私が関わりたかったことと繋がっていて

「これだ!!私が発信したいのはフェアトレードだ!!」と気づきました。

そしてめぐり巡って、運命的にシサムコウボウと出会い、発信をしています。



――――――――――――――――



学校の課題で「フェアトレード」を調べにきました。という学生さん。

授業で取り扱う教材として「フェアトレード」の商品買いにきました。という先生。

「フェアトレードって何なん?」「シサムって何なん?」と聞いて下さるお客様。



もともとフェアトレードを知ってのご来店もありますが

「シサムコウボウがフェアトレードを知ったキッカケ。ここが入り口だった。」という方からの言葉が

私にとってはとても嬉しいことです。



フェアトレードファッションも音楽と一緒で

自分を表現するツールなんだと、最近よく考えています。




大物アーティストではないけれど、私にも出来るフェアトレードの発信。

\ Let FAIR TRADE ROCK★(フェアトレードで行こう!) /

img_1714

ワンピース : Vネックタックワンピース

帽子 : ボタンキャップ

靴 : GROW NATURALLY ショートブーツ



そういえば、モリツグもフィリピンにてフェアトレードにどっぷりハマったみたいなので

今度シサムのコーヒー(フィリピンの豆!)を飲みつつ、語り合おうかしら。



・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●

「 秋色 革靴展 」

!!開催中!!

9/3(土)~25(土)

@もりのみやキューズモール店

・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●・●



ただいま、

★ 秋のシサム3ヵ月 ★

開催中!

2016_e7a78be381aee382b7e382b5e383a03e382abe69c88e8a1a8e7b499e99da21



もりのみやキューズモール店 コバヤシ