フェアトレード月間特集『CCAP』@全店舗

2017年 5月 17日

みなさん、こんにちは!

神戸岡本店のマツオです。


毎年5月はフェアトレード月間!

フェアトレードをよりわかりやすく、楽しく知っていただけるように

世界中でいろんなイベントを開催しています。



e3839ee38384e382aa1

今回は、シサムコウボウ創業当時から、なが~いお付き合いのNGO団体

「CCAP(シーシーエーピー)」についてお話します。



cp

フェアトレードNGO団体「CCAP」の正式名称は

「Community Crafts Association of the Philippines 」

フィリピンの首都マニラで1973年に設立されました。


img_1100

40年以上も続く、老舗のフェアトレード団体です。

(上段右から2番目をご注目!若かりし代表ミズノ!)



フィリピンの自然素材を使った手工芸品の生産を通して、貧困の改善をめざしています。


a-s0414061


このNGO団体の大きな特徴は「パートナーシップ制度」

各地域の生産者をグループ化し、それぞれのグループの状況に合わせて

3~5年のパートナーシップを結びます。


p8043243

その間、CCAPが民主的な運営の指導、資金融資や提言活動を行い

直接国内外から注文を受けて、自立できる力をつけると、CCAPを卒業するのです。

089

CCAPを通して得た収入は、村に薬局を立てたり、中古のトラックを購入する資金に充てられるそうです。



15p8063470

こちらはシサムコウボウのアバカランプを作ってくれている、レガシピ地方の様子です。

首都マニラからバスで10時間ほどです。



ところで、「アバカ」という植物を知っていますか?


abaca

「アバカ」とは芭蕉科の植物でバナナの木によく似ています。

12p8063452


日本では「糸芭蕉」といい、沖縄県の代表的な織物「芭蕉布」の原料になります。

45p8073576


アバカの葉っぱの繊維を染色し、糸にして、


p8043245-640x480

手で一つ一つ巻いていくのです。


作っている様子を動画でご覧いただけます



\ 昨日、神戸岡本店にてフェアトレードワークショップ「アバカランプをつくろう!」を開催しました!/

img_0838

なんどもほどきながら、

色の組み合わせをわくわく想像しながら、

あきらめない心で、

世界に一つのランプを作ってくださいました。

img_0850

実際に作ってみると、

「どうやってこんなにきれいに巻いてるんやろう?」

「一個巻くのにどれくらいの時間がかかるの?」

「けっこう内側は適当で仕上げは規則的!」 など

モノの背景に想像が膨らんで、大盛り上がり。

このままフィリピンの生産地に飛んでいきたくなりましたね。

image12img_0841

4回糸の色を変える方や、2色の糸を二本どりで巻いてみる方、

超高速で巻く方、じっくりじっくり本物を観察しながら巻く方など

独自の巻き方を研究される姿に、圧倒された2時間でした。


\  じゃ~ん!! /

img_0835


かわいい、ミニアバカボールの完成です。

ボンド液を2~3日乾かしてお渡しします。


img_0843

灯りをともすのが待ち遠しいですね。

ご参加いただいたみなさま、お疲れ様でした!


毎年5月はフェアトレード月間!

フィリピンの天然素材のぬくもりを、

この機会にぜひ、お近くのシサムコウボウでお手にふれて感じてくださいね。


CCAPの商品ラインナップはコチラ

(なんばCITY店では照明の販売は行っておりません。ご了承ください。)






みなさまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしています。

img_0851

神戸岡本店 マツオ


====================

『フェアトレード』の舞台裏を楽しむ特別な日!

【 SISAM COLLECTION vol.5 】

日時:2017年5月19日(金)、20日(土)、21(日)

詳しいチラシはコチラ →■ (PDF)

・====================

e38396e383ade382b0facebooke383ade382b4



現在この記事はコメントを受け付けていません