+++ 春夏新作コレクション・こぼれ話 vol.2+++

2017年 4月 1日

こんにちは!堀江店 店長のタケダです。

ようやく4月。

桜も咲き始めて、

これから春のイベントが盛りだくさんでワクワクがいっぱいですね!

ちょっと休憩、一息入れながらご覧ください♪

今日は、シサムのお洋服の「柄」についてのお話です。

17ss_a4_e69f84e38080e38390e3838ae383bc22

シサムで作っている柄もののお洋服や雑貨は

インド・ムンバイにある「クリエイティブ・ハンディクラフト

という団体が縫製をしてくださっています。

雑貨の柄を考えているのは日本にいる商品部スタッフ・エンドウ

imgp0005

(商品部スタッフ エンドウ)

柔らか頭と繊細な感覚で

素敵なアクセサリーやかわいい柄が生まれます。

今年の小物の柄もカワイイをくすぐられる子たちばかり!

〇〇 モクモクシリーズ 〇〇

img_6461

山のような、雲のような。

もくもく、もりもりとしたデザインは

おおらかな自然をイメージした時に生まれました

〇〇 アースシリーズ 〇〇

img_6462

インド西部に暮らす先住民族・ワルリーの人々が描く

壁画と雄大な大地に生きるアフリカのアートから

インスピレーションを受け大地をイメージしたデザイン

〇〇 ツリーシリーズ 〇〇

img_6463

こちらもワルリーの人々が描く壁画を参考にし

ボタニカルをテーマに描きました。

そしてもう一人!

お洋服担当の商品部スタッフ・マツダ作の柄もございます。

スケッチを見せてもらいました・・・♪

\じゃーん!!!/

img_3933

赤い色が入っているがらのお洋服はこれから入荷します♪

左下に写っているイラスト、、もうお店でご覧なられましたか??

実は、このワンピースの柄なんです!

170104-008-m-01-dl

この柄はアフリカの 「ピグミィ」 と呼ばれる人々が

樹皮に描く美しい絵やインドの古い木案などから

インスピレーションを受け、できた柄。

大地に根付いて暮らす人々が持つ、素朴な美しさを表現しています。

これをインドに送って、版をおこしてもらって

プリントして、、、

「スクリーンプリント」と言っても、

人の手が加わってできた布。

ちょっとのズレがまた愛おしい。

このような型に特殊な技術を施しプリント柄を版にして

20151020_1716161

広ーい台に布を広げます

20151020_170036

そして2人がかりで「スキージ」という刷毛のようなものを使って

染料を落としていくのです。

20151021_121551

今年の春夏のテーマは「大地に吹く風」

今お店に並んでいるお洋服のシルエットや柄には一つずつ思いがあり

平面で見るより着ること・使うことでシルエットがより素敵になる。

デザインの裏側には、

テーマに沿った根っこを見つめることから

始まるのです。

これからの入荷もお楽しみに♪

堀江店 店長・タケダ

facebooke794bbe5838f214



現在この記事はコメントを受け付けていません