SISAM gallery@OSAKA HORIE caracolito exhibition「 カタツムリのチョッキ展vol.2  」はじまりました!

2019年 1月 12日

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

SISAM gallery @ OSAKA HORIE

img_7250

caracolito exhibition

「 カタツムリのチョッキ展 vol.2

@シサムコウボウ堀江店 ギャラリースペース

1/10(木)〜23(水)

11:30~19:30 ※最終日は18:00まで

在廊日:1/13(日),14(月・祝),20(日)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは!堀江店オガタです!

メキシコの村々で見つけたカラフルな毛糸でチョッキを編む

caracolitoさんの カタツムリのチョッキ展 がパワーアップして帰ってきました!

kimg1676

kimg1677

kimg1661

kimg1699

今回も風の向くまま気の向くまま、

一年かけて、たくさんのチョッキを編みました。

今年の夏は暑かったので、

気持ちだけでも涼しくなるようにと

夏に編んだチョッキは青色が多くなりました。

kimg1700

秋は黄色系、冬になってくると渋めの色のチョッキを編みました。

それは、caracolitoさんのお家から見える

青々とした緑、紅葉や冬の山など、移りゆく自然の風景で、

四季を感じられるたのしいギャラリーとなっております。

kimg1694

kimg1693

鮮やかな色は草木染などの染料で染めていますが、

グレーや白は羊の原毛です。

心躍る幾何学模様もありますよ!

kimg1679

左は玉ねぎ染め。

caracolitoさんが冬の間、何回も何回も染めたようです。

山吹色のような濃くて優しい色味です!

kimg1701

右のチョッキのピンクの毛糸も、昔ご自身で染められました。

このピンクは、サボテンについている赤い虫から染めています。

メキシコでは一般的な染料なのです!

きれいなマゼンタ色です。

鳥や鹿もギャラリーを盛り上げてくれる仲間です!

kimg1705

こちらはアンゴラの毛糸を使用しているので

手触りもふかっと肉厚です。

kimg1681

チョッキだけではありません!

ユーカリの木の実のボタンがついたポシェットもあります!

kimg1675

ちょっとそこまでお出かけ用から

長財布が入るしっかり容量タイプまで。

うーん、どれにするか迷ってしまいます!

kimg16911

小物も充実しています!

メキシコで買い付けてきたポストカードに

kimg1669

ヤシで編まれた小物入れ。

そして、なんだか懐かしい気持ちになるビニールのザル!!

ザルは洗えるのでパンやおやつを入れてもいいですね♪

kimg1685

さらにこちらの半円ものはというと、、、

kimg1658

なんと、ひょうたんなのです!

きれいな彫刻は、メキシコのベテランおばあちゃんが彫っているそう。

ひとつひとつ細かく丁寧に彫られています。メキシコの職人技に息をのみます。

軽くて薄いこのひょうたんは、現地では水を飲むのに使うそうです。

編み物作家のcaracolitoさんは、

旅好きであちこち行っていたらメキシコにたどり着き、

居心地がよくてそこで暮らしていたこともあるそうです。

トレードマークのカタツムリは、

住んでいた町のシンボルマークで

ゆっくりでも前に進む という意味が込められています。

kimg1667

(LENT PERO AVANZO とは、スペイン語で「ゆっくりでも前に」という意味)

一点一点てづくりで身幅や脇まわりも一点ずつ違うチョッキ。

毛糸も手染めでその時々で色味や顔も違うので、

宝探しのようにたくさん着て、ご自身にぴったりのものを見つけにきてください!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

SISAM gallery @ OSAKA HORIE

img_7250

caracolito exhibition

「 カタツムリのチョッキ展 vol.2

@シサムコウボウ堀江店 ギャラリースペース

1/10(木)〜23(水)

11:30~19:30 ※最終日は18:00まで

在廊日:1/13(日),14(月・祝),20(日)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ギャラリー商品は一点ものです。売り切れの場合もございます。

*通信販売は致しかねますので、ご了承くださいませ。

堀江店 オガタ

fbinstagram



現在この記事はコメントを受け付けていません