大人のスマートカジュアル展 ~オーガニックコットンで秋支度~ @シサムコウボウ・vote for全店舗

2018年 10月 18日

皆さま、こんにちは!

堀江店 フジタです。

\ シサムコウボウ・vote for全店舗で絶賛開催中です! /

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

大人のスマートカジュアル展

~オーガニックコットンで秋支度~

2018/10/12(金)~10/21(日)

@シサムコウボウ・vote for全店舗

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

前回のブログはこちらから→ ■■■■

今日のブログは

① 「 細見せ 」 大人ニット登場!コーディネート紹介

②商品部スタッフ キドウのインド出張記

の二本立てでお送りいたします!

まず初めは、、、

ふかふかに仕上がったオーガニックコットンを使った

「 細見せ 」 大人コーディネートのご紹介です◎

■ OCN オーガニックコットン コンパクトファネルネックPO

kimg0338

( スタッフ : オガタ )

昨年も大好評だったこちらのプルオーバー、、

今年は身頃や袖に切り替えを入れ、編み地の方向を変えました。

これで編みのゆるさが解消されました◎

身幅はさらにコンパクトになり、

冬の寒い時期には、アウターの重ね着もしやすくなりました♪

丈はおしりも隠れる安心丈です!

ボトム : KL ダブルガーゼ タックキュロットPT

アクセサリー : subakamana ヒカリノブローチ

kimg0333

( スタッフ : 店長 チバ )

さらりとした肌触りのかのこ編みで、

寒暖差の大きい今の時期にも羽織りやすいカーディガンです。

ゆったりしたアームホールや

ヒップラインを包むように隠してくれる絶妙なシルエットは

体型や年齢を問わず楽しんでいただけること間違いなしです!

ボトム : CH ネルギャザーSK

帽子 : SN ウールケーブルBeret

そんなシサムのオーガニックコットンシリーズを

担当してくれている、

商品部スタッフのキドウが

この9月にインドにある生産者グループさんに

会いに行ってきました!!

届きたてほやほやの生の声をご紹介します♪

商品部キドウです!

sisam organic シリーズの生産者パートナーである

インドのRajlakshmi(ラージュラクシュミ)へ

9月に初出張に行ってきました。

台風で関空が閉鎖されため急遽中部国際空港からの出発になったり

経由地のバンコクで機材トラブルでいったんバンコクへ引き返すなど色々ありましたが

無事デリーへ着くことが出来ました!

\ インド・Rajlakshmiに到着ーー! /

001

Rajlakshmiはデリーから車で1~2時間のところにある

NOIDAという工場団地の中にあります。

朝は、車、バス、バイク、リキシャ、自転車、歩行者、時々牛と野犬で

ごった返していました。

日本のように譲り合うなんてことをしていたら一生目的地に辿り着けないだろう

インドらしいパワフルな通勤ラッシュでした。

002

中の様子です。

とても広い工場の中には、

SISAM organicのお洋服に携わってくれている

たくさんのスタッフさんがお仕事をされています!

初日はニット工場にお邪魔して、サンプルや工程の確認などを行いました。

ニットは毎シーズン新しい技法にトライしてもらっています。

ニットチームは根気強くこちらの要望に沿って新しい編み方に挑戦してくれました。

出来ることが増える=お互いの可能性が拡がる、ということを

目の前で見る事が出来たことが

今回の出張での一番の収穫でした。

普段メールやチャット、電話でやりとりしていますが、

やはり顔合わせて話すと早いし、

お互いの意図も正確に伝わる。何より気持ちが通じるな、

会うって大事だなと痛感しました。

003

これは縫製まえの生地をまとめているところなんだそうです。

右手前に写っているカゴにお洋服一着分の生地を入れて

縫製の担当スタッフさんに配布されています。

004

一見、お洋服が作られる現場には女性スタッフさんが多いイメージですが、、

Rajlakshmiは圧倒的に男性のスタッフさんの方が多い!!!

手直しなどの細かい作業は女性スタッフさんが担当することが多いようです。

005

こちらは、手動の編み機の写真です。

実際にシサムオーガニックの商品は機械編みがほとんどで

この手動手編み機で作られるものは少なくなってきているんだとか、、

032

こちらが機械編みのマシンです。

より高度な編み方も実現できるし、品質も安定するので

今はこちらの方が使われることが多いのだそうです。

006

007

最後に出来上がったお洋服にタグを付け。

最終検査をしているところです。(何やら奥のスタッフさんが笑っていますが、、笑)

ニット、カットソーの両工場がちょうど繁忙期でみな黙々と作業されていました。

作業場はクーラーはなく天井でビュンビュン回るファンのみで結構暑かったです。

私が訪問した9月は30~32度ほどでしたが7~8月は40度を超える日もあるとのこと。

インドの人たちのたくましさを感じずにはいられませんでした。

シサムオーガニックは、中部インドのNGOチェトナで栽培した

オーガニックコットンを使って

このRajlakshimで製品化しています。

ベーシックアイテムはもちろん、毎シーズン新しく生み出されるデザインのアイテムもぜひお楽しみ下さい!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

堀江店 フジタ ・ 商品部 キドウ

fb-1 instagram1



現在この記事はコメントを受け付けていません