2018年 5月 21日

Comments


◆◇◆FAIR TRADE ファッションフェア 2018 ◆◇◆開催中@なんばCITY店

2018年 5月 21日

こんにちは、

先日「キャロル」という新ニックネームがついた

なんばCITY店ナカイです。

今年も開催中です!5月の恒例イベント

img_5937

◆◇◆ フェアトレード ファッションフェア 2018 ◆◇◆

~インドの伝統・プリント技法~

@なんばCITY店

5/12(土)~5/31(木)

世界フェアトレードデー」の先日12日(土)から

なんばCITY店名物、

フェアトレードファッションフェアを開催中です。

詳細は前回のブログをチェック→■■■

ブランドの中から本日はコチラをご紹介

【kapuwa (カプワ)】

柔らかな色味と美しい柄が印象的なkapuwaのお洋服。

北インド・ジャイプールの職人と互いに尊重し合い出来上がるその裏には

たくさんのこだわりが詰まっています。

■ひとつの図案にするのは4色まで

kapuwa-6

木版の材料は限られた資源、そして熟練した職人でも一つの図案を彫り上げるのに時間を要するため

4色=一つの図案に木版が4つまでに収まるようデザインされています。

また、職人により丁寧に彫り上げられる木版は50年使えるといわれています。

40年後、50年後にまたプリントできるように、流行にのりすぎず、長く使えそうな柄を。

4色の中で、たくさんの可能性を秘めたデザインを楽しんで描かれています。

■白の余白もデザインの一部

img_how03a

余白を造るからこそ、柄のズレや染料のにじみからくるグラデーションがよく映える。

あえて白を考え、そこをプリント職人に託し、その出来上がりを楽しんでいます。

そんなkapuwaさんのお洋服を使ってコーディネート!

img_5972

トップス : MHノースリギャザーTOP

スカート : kapuwa

バッグ : SNコクモツBAG

サンダル : GROW NATURALLY

img_5947

ワンピース : kapuwa

ヘアアクセ : subakamana ノゾキアナヘアゴム

レギンス : オーガニックコットン レギンス

パンプス : GROW NATURALLY

img_5981

トップス : kapuwa

バッグ : アフリカンスクエア

スカート : PTMピンタックスカート草木染

シューズ : GROW NATURALLY

img_5940

お洋服をデザインしてから生地を作るのではなく、

柄の生地が出来上がってから、その生地が一番活きる形にデザインするkapuwaのお洋服。

あらゆるイメージの中から、お気に入りをぜひ見つけてくださいね。

さて、年に一度のフェアトレード月間、

今年もなんばCITY店スタッフの真面目な思いをリレー形式でつづらせていただきます。

今年のテーマは「フェアトレードファッションの魅力」

トップバッターはナカイが務めます~

img_5804

フェアトレードの商品と一言で表しても

食品や雑貨など、嬉しいことに年々種類が増えていっています。

その中で、フェアトレードのお洋服は

同じ商品同士でも手仕事ならではの一点ずつの違い、不均一さがあります。

不均一さ=多様性!

ハンドプリントや手刺繍、少しの違いにこだわって選ぶ楽しさはもちろん

違いがあるってかっこいいなと思います ^ ^

そして、お洋服は繰り返し使うことで、天然素材がよりいい風合いになっていくことだけでなく

人に見てもらい「かわいい!」「素敵!」「どこで買ったの?」

そんな言葉で、自分まで誇らしい気分になります。

フェアトレードのお洋服に出会うまでも、おしゃれをすることは好きでしたが

似合っているのか、組み合わせはおかしくないかな~など

どこか自信が持てずにいました。

ちょうど思春期真っただ中、コンプレックスを感じている部分から

「人との違い」に不安があったのだと思います。

多様性や経年変化のかっこよさ、それをフェアトレードのお洋服から感じて

身に着けることで、私も少しずつ成長できているのかしら・・・。

作り手さんと着る人が一緒に育っていける、

それがフェアトレードファッションの魅力だと思います。

みなさまと作り手さんの架け橋になれるよう、シサムで色々な提案をしていきたいです。

◆◇◆ フェアトレード ファッションフェア 2018 ◆◇◆

~インドの伝統・プリント技法~

@なんばCITY店

5/12(土)~5/31(木)

前回のブログはこちら→■■■■

なんばCITY店 ナカイ

fb1instagram2